トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド

子供の矯正歯科治療ガイド

子供の矯正歯科治療ガイド

「うちの子はどうやら、受け口みたい......」「上の前歯が出ているので、口を閉じられず、いつも前歯が見えている」――お子さまの歯並びについてお悩みのご家族の方はいませんか?

悪い噛み合わせをそのままにしておくと、実は将来にたくさんのリスクを抱え込むことになります。お子さまの未来のために。治療の効果の高い子供時代に、矯正歯科治療を受けることをお勧めしています。このページでは、子供の矯正治療のよくある質問についてご解答します。

子供の頃から矯正治療を始めるメリットを教えてください
子供の矯正を始めるタイミングとは?
子供の矯正の流れを教えてください
うちの子、どうやって治療するの?

 

子供の頃から矯正治療を始めるメリットを教えてください

顎の成長のバランスを整え、美しい顔立ちに導くことができる
子供の頃から矯正治療を始めるメリットを教えてください正常な発育を妨げるような歯並びや癖を改善し、顎やお顔の成長のバランスを整えます。また、放っておいて外科的な手術をしなければ治らないケースを回避することができます。お顔つきや顎の成長のコントロールは、成長期の子供でしかできない矯正治療です。

永久歯を抜かない矯正ができる可能性が高まる
永久歯が生えるスペースが足りない場合、奥歯を後ろに移動させたり、顎の横や前への成長を促すことによりスペースができることがあります。早期治療により将来的に永久歯を抜歯せずに本格矯正(ワイヤーによる矯正)ができる可能性が高くなります。

お口の本来の機能を取り戻せる
指しゃぶりや舌の癖は、歯並びだけではなく発音や食べ物の食べ方・飲み方に大きく影響を及ぼします。また、普段お口をだらしなくあけている癖を引き起こしてしまいます。早期に癖を改善するとともに、お口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングをして正しい筋肉の動きの習得を目指します。

コンプレックスを取り除き健やかな精神発育を促せる
出っ歯や受け口がコンプレックスとなり内向的な性格になる場合があります。小児矯正で可能な限り前歯の状態を改善して健やかな精神発育を促します。

永久歯での矯正期間が短くなる
顎の成長をコントロールしたり、永久歯を正しい位置に生えるように導くことにより永久歯列になってからおこなう本格矯正が簡単で期間が短くなったり、必要なくなる場合があります。
 

子供の矯正を始めるタイミングとは?

子供の矯正を始めるタイミングとは?一般的には6歳から7歳、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期に、顎の変形が強いケースなどでは幼児のうちに一度ご来院をお勧めしています。理想的には成長上にアンバランスの芽が出始めたころから何らかの対策を講じた方が良いと言えるでしょう。

とはいえ、顔が一人ひとり異なるように、歯や顎、そして心の成長はお子さまによって千差万別です。早い時期に矯正を始めたほうが良いお子さまもいれば、実際にはしばらく成長を待ってから始めたほうが良いお子さまもいます。

ただひとついえることは、骨格の不調和をそのままにしておくと、5年後・10年後には不調和が更に大きくなってしまい、その結果、矯正治療も難しくなってしまう場合があります。もし、お子さまの歯並びが気になるようでしたら、なるべく早めに矯正専門医院を訪ねてみることをお勧めいたします。
 

子供の矯正の流れを教えてください

子供の矯正の流れを教えてください子供の矯正の場合、はじめからワイヤーの装置を付けて治療をスタートするわけではありません。小児矯正は大きく分けて、ふたつのステップに分かれます。

ステップ1/第1期治療
この時期は、永久歯の萌出するスペースをつくったり、歯並びや顎の成長に悪影響を及ぼす噛み合わせの改善をおこない、順調な顎の成長や歯の生え変わりを誘導していきます。第1治療期がうまくいくと第2治療期では永久歯を抜かずに治療ができる可能性がグッと高くなります。

ステップ2/第2期治療
ワイヤー矯正のことです。上下すべての歯にブラケットを装着し、歯のねじれや歯並びを整えて完全な咬合に仕上げる治療となります。※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。
 

うちの子、どうやって治療するの?

うちの子、どうやって治療するの?受け口(反対咬合、下顎前突)
下の前歯が上の前歯よりつき出ている状態をいいます。全ての歯が永久歯になるまでそのままにしておくと歯並びだけではなくお顔つきに悪い影響を与えてしまいます。前歯の噛み合わせを早期に改善してお顔や顎の成長のバランスを整えます。

うちの子、どうやって治療するの?八重歯や前歯がデコボコしている(叢生)
顎の大きさと歯の大きさのアンバランスや乳歯が虫歯などで早く抜けてしまうことにより生じます。顎の成長を促したり、奥歯を後ろに移動させて永久歯の生えるスペースをつくり、なるべく永久歯を抜かない矯正治療を目指していきます。

うちの子、どうやって治療するの?出っ歯(上顎前突)
出っ歯の子供は、歯並びの良い子供より前歯を折ったり、怪我をする危険性が2~3倍高いといわれています。また、心理的なコンプレックスになることも少なくありません。上と下の顎の成長をコントロールし、可能な限り前歯の突出を改善します。

うちの子、どうやって治療するの?上と下の前歯が噛み合わない
指しゃぶりや舌を出す癖(舌癖)などが原因で起こります。食べ方や飲み方、言語の発音に悪い影響を及ぼすなどお口の機能に大きな影響を与えます。早期に悪い癖を改善し、舌やお口の筋肉のトレーニング(MFT)で正しい機能の獲得をめざします。

うちの子、どうやって治療するの?下顎が横にずれている(交叉咬合)
上と下の顎の横幅の成長のアンバランスや頬杖、噛み癖などによりおこります。年齢とともに顎やお顔が左右非対称に成長してしまうため、早めの矯正治療が重要になってきます。

治療例

小児矯正治療(1期治療)開始時 9歳
上下の犬歯が八重歯のようにはえてきました。
このままでは、永久歯のはえるスペース不足のため永久歯の抜歯が必要になってしまいます。
治療例

下へ

小児矯正治療終了時 12歳
永久歯のはえるスペースをつくることにより、でこぼこは軽度になりました。
治療例

下へ

本格矯正治療(2期治療、ワイヤー矯正)終了時 13歳
でこぼこや噛み合わせをワイヤーで調整し、抜歯をすることなく綺麗に歯並びは整いました。
治療例

関連ページリンク

当院が選ばれる理由院長の技術力裏側矯正
目立たない装置について治療費について治療期間・流れ
非抜歯矯正を目指す痛みの少ない治療矯正中の虫歯予防
子供の矯正ガイド大人の矯正ガイドあなたはどのタイプ?
よくあるご質問医療費控除について

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド


コールバック予約