ブログ|裏側矯正なら川崎市・たまプラーザの矯正治療専門医院~くらしま矯正歯科

カウンセリングは無料です。ぜひ一度ご来院ください。
くらしま矯正歯科ブログBLOG

子供の矯正治療は、いつから?2012.02.10

新学期を控えた2、3月は、お子さんの矯正相談が増えます。
子供の矯正治療は、将来的に永久歯を抜かずに治せる可能性が大幅にアップする大きなメリットがあります。
そのためには患者さんの年齢や成長、歯のはえ方や状態を見て、1年後、2年後・・・永久歯がはえそろった時の歯並びを予想する診断力が必要とされるので矯正専門の私たちの腕の見せ所です。
これは、囲碁や将棋のプロの方が過去の経験や状況から何十手先まで先を読みながら対局するのと同じなのです。
 よく4歳前後の受け口のお子さんや乳歯がでこぼこのお子さんのお母様が 
『今から矯正治療をしなければ大変なことになる』 
と聞いて慌てていらっしゃることがあります。
確かに現状だけ見れば受け口の状態は良い状態ではありません。
何より親は不安で治療を焦るのは当然です。
しかし、乳歯の受け口は、永久歯がはえてくるときに自然に治ることがあるのです。
あごの成長も本格的に始まっていないので幼児期の受け口が将来のお顔立ちに影響することはあまりありませんので注意しながら経過観察します。
乳歯でのでこぼこも、まだあごは成長する時期ですし、どんな大きさの永久歯の前歯が生えてくるかわからないので治療せずに小学校の1,2年まで経過観察です。
でも、例外(あごが横にズレていて奥歯がかみ合わないなど)もありますので不安なときは矯正医に相談してください、そのための専門医ですから。

私たち矯正医の多くは、全ての歯が乳歯のうちの治療は不確実性が高いため、上下の前歯が永久歯になった7才前後が子供の矯正治療を開始するには適していると考えています。
それまでは、不必要な矯正治療や過剰診療を避け、適切な時期に適切な治療を勧めることが矯正医として、また子供をもつ親としての私の責任です。

ちなみにうちの娘も乳歯の途中まで受け口でしたが自然になおりました。
知っていながら 『いつ治るんだろう』 とちょっとドキドキ・・・でした。
HOME
カウンセリングは無料です 044-856-1900 予約・お問い合わせ